ストレートネックの治療法について

ストレートネックになってしまった場合、どのような治療方法があるのでしょうか?

基本的には、保存療法をベースにした治療法をしていくことになります。

そもそもストレートネックは姿勢が悪い状態で長時間過ごしてしまっていることが原因になっているわけですので、治療をしていくのであれば、生活習慣や市背を改善させるようにしなくてはなりません。
特に姿勢が原因になっているのですから、その姿勢が悪い状態のままだと、いくら治療をしたとしても、ストレートネックを解消させることは難しくなってしまいます。
仮に解消させることができたとしても、いつ再発をしてもおかしくない状態になってしまいます。

事実、これまでにストレートネックになってしまった人の過半数は治療後に再発をしてしまっているのが現状なのです。

デスクワークが仕事なのであれば、最低でも1時間に一度のペースでストレッチをしたり、パソコンのモニターの位置を目線と同じ高さにすることが大切です。
このようにすることで、骨に負担をかけないようにしたり、悪い姿勢で仕事をしないようにすることが可能になります。

・ストレートネックの薬物療法
ストレートネックになった場合、首に負担をかけることによって、首の骨周りに炎症が起きてしまっていることもあります。
正しい姿勢で過ごすようにすれば、首の炎症が無くなっていきやすいのですが、炎症のせいで痛みが激しくなってしまっているケースも少なくありません。
炎症によって激痛を感じる場合、非ステロイド性消炎鎮痛剤を投与して、炎症を抑えるという治療法が行われることもあります。

薬物療法というのは、継続して行うことはほとんどありません。

・温熱療法
ストレートネックの治療の途中で行われるのが、この温熱療法となっています。
手術をして治療するというわけではないですので、保存療法に分類されています。
ストレートネックによって首が痛くなっているという場合、まだ炎症が生じてしまっているということになります。
この炎症が進行してしまわないようにするためには、患部を温めないようにするというのがポピュラーになっているのですが、炎症が薬物療法などによって改善されて来たら、温熱療法が採用されるということが多いです。

温熱療法で患部を温めることによって、血液の流れが良くなります。
これによって、患部の回復を早めることが可能になっているのです。
温熱療法をするための治療器具も売られているのですが、温められたタオルなどを患部に乗せることで、温熱療法をすることも可能になっています。

外から温めるだけではなく、体の中から漢方薬などで温めるという方法もいいでしょう。
血行を良好にすることによって、体の自然治癒力も高まっていきます。

その血行を良くして体を温めてくれる漢方薬はいくつもあるのですが、この中で特に知名度が高いのは葛根湯です。
葛根湯を服用することによって、悪寒や寒気、過多や首の緊張の解れなどを改善させやすくすることができるといわれています。

PR:増大サプリの副作用

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *